MENU

ステーキシャック(ハワイ)|ワイキキビーチの安い&美味しいステーキプレート

ステーキシャック外観2022年10月

ワイキキビーチにあるステーキプレートランチのお店「ステーキシャック」で食べられる、ワイキキとは思えない安さの美味しいステーキプレートをご紹介します。
内容は、ステーキシャックのおすすめメニュー・お店の様子・行き方(場所)・営業時間などです。

目次

ステーキシャック(ハワイ)のお店の様子と営業時間

ステーキシャックは、その名のとおり「ステーキ小屋」な感じの非常に小さなお店。

場所はワイキキビーチに面したホテル「ワイキキショア」1階のビーチ側に並ぶ店舗小屋の一つです。

お店には注文と受け渡しのカウンターのみで、イートインスペースはありません。

でも、お店の前に近隣の店舗と共有のテーブルとイスがあります。

ワイキキビーチが目の前なので、ご覧のとおり最高のロケーション。

ステーキシャックはワイキキビーチよりも少し上がった所にあるので、少し見下ろす感じの景色もイイ感じです。

テーブルは奥にも続いています。

奥に行くほど海からは遠ざかりますが、目の前が公園なので快適です。

ビーチに降りれば、近くに公共のテーブルとイスが多数あるので、ここで食べるのもオススメです。

公共のテーブルは汚れている事も多いので、私は常に携帯しているウェットティッシュで拭いて快適に利用させてもらっています。

海に向かっている視線を左に向ければ、ダイヤモンドヘッドを眺める事も出来る最高のロケーションです。

昼間のビーチも良いですが、サンセットの時間帯もオススメです。

写真はステーキシャックの目の前で、2022年10月の19時頃に撮ったものです。

金曜日の夜には、この場所からヒルトンの花火を見る事もできます。

少し遠いので花火は小さめですが、ヒルトン周辺は大混雑ですので、適度に密集を避けながら花火とお祭り気分が味わいたい方にオススメです。

ステーキシャックのメニュー

ステーキシャックでは日本語は通じませんし、メニューも英語のみです。(2022年10月現在)

コロナ前は店頭に分かり易い日本語メニューがありましたので、日本人観光客が戻って来れば復活するかも知れません。

メニュー構成は「ステーキ」・「チキン」・両方が入った「コンボ」の3種類で、ステーキのみ6オンス(170g)・10オンス(283g)・12オンス(340g)の3種類からサイズを選べます。

以前は「現金オンリー」だった支払い方法が、クレジットカード対応になっていました。(2022年10月時点)

海に入るので「ビーチに現金は持って行かない」という方も利用しやすくなりましたね。

ステーキシャックの営業時間

ステーキシャックの営業時間は 午前10時30分から19時30分までです。(2022年10月時点)

以前はヒルトンの花火が開催される金曜日のみ、少しだけ(たしか10分位)営業時間が長くなっていましたので、今後若干変更になるかも知れません。

ステーキシャックの営業時間(2022年10月撮影)

ステーキシャックのおすすめメニューと感想

ステーキシャックの料理は、量の違いを除けば2種類のみなので「おすすめメニューってどういう事?」と思われるかも知れませんが、それにはチョット理由があります。

最初は やはり、看板メニューの「レギュラー ステーキプレート 6オンス(170g)」11.35ドル(2022年10月時点)をご紹介します。

レギュラーサイズでも充分なボリュームがあって、ワイキキビーチでこの味がこの価格で食べられるのは嬉しくもあり“貴重”です。

焼き具合も丁度良いシッカリ食感の肉が、アッサリめに味付けされていて美味しい!

値段が安くてボリュームがあるだけじゃなく「シッカリ美味しい」のがステーキシャックの最大の魅力です。

ステーキシャックで私がイチオシするメニュー

私は以前、ステーキシャックに行くと毎回当たり前の様にステーキプレートを食べていました。

でも ある時、周囲に「チキンを食べている方が結構多いなぁ」と気付いたので試しに注文してみたら「何で今まで注文しなかったんだ?!」と後悔するくらい最高に美味しかったので、皆さんにもお伝えしたと思います。

とは言えステーキも確実に美味しいので、「ステーキ&チキンコンボ」15.35ドル(2022年10月時点)がイチオシです。

量は、レギュラーステーキ 6オンス(140g)とチキン 6オンスと結構多いので、あまり沢山食べない方は2人で1つで充分かも知れません。

香ばしく焼き上げられたチキンは柔らかジューシーで “かなり” レベルが高く、非常にオススメです。

写真ではステーキの下敷きになってよく見えません、実は野菜も結構多めに入っています。

ちなみに、ステーキシャックのプレートランチは「焼きたて」で提供されます。

注文後に焼き始めるので時間はかかりますが、そのぶん確実に美味しいので、私はいつも海を眺めながら のんびり と待っています。

持ち帰りもオススメ

ステーキシャックはホテルの多い場所に在るので、近くのホテルに滞在している方は持ち帰りもオススメです。

部屋のラナイで、海を見ながら美味しいステーキプレートを堪能するのも至福(チョット冷めますが。。。)

ステーキシャックの行き方(場所)

ステーキシャックの場所は、ワイキキビーチに面したホテル「ワイキキショア」1階のビーチ側と最初に書きました。

ビーチから行く場合やワイキキショアに滞在している方は「説明の必要ナシ」だと思うのですが、街中から行かれる方も多いと思いますので、ハレクラニの正面玄関前からの行き方(最短ルート)を詳しくご紹介します。

ハレクラニの正面玄関前からスタートします。

左手がハレクラニで右手がワイキキビーチウォークです。

この道路をヒルトンハワイアンビレッジ方面へ進みます。

アウトリガーリーフの前を通過します。

以前は1階の角にスターバックスコーヒーがありましたが、2022年現在は無くなっています。

アウトリガーリーフの隣りにあるホテルが「ワイキキショア」です。

ワイキキショアの横に細い通路がありますので、写真の矢印方向に左折します。

奥に見えるビルのうち、背の高い2棟はヒルトンハワイアンビレッジの建物です。

この場所で右を向けば、目の前にトランプホテルがあります。

舗装された細い道を直進します。

左の建物がワイキキショアで、右手がUSアーミーミュージアムです。

更に直進すると、右手に公衆トイレが見えてきます。

ちなみに、この通路の長さは約170mです。

通路の先は、ワイキキビーチです。

ステーキシャックは、このスグ左手です。

ヒルトンハワイアンビレッジからビーチ沿いを歩いても、砂浜を歩く事なく(舗装道路のみで)この場所に辿り着けます。

ビーチに一旦出てから回り込めば、バナンの前にステーキシャックの可愛い建物があります。

ハレクラニの正面玄関前から4分位(約300m)で着きました。

隣(後方)には、アサイーボウルが有名なトロピカルトライブがあります。

以上、ステーキシャックのおすすめメニューと感想・お店の様子・行き方(場所)・営業時間のご紹介でした。

ワイキキビーチで安くて美味しいプレートランチを、海とダイヤモンドヘッドを眺めながら食べられる最高にオススメのお店です。

お金なくてもハワイに行きたい!TOP

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次